レザーベルトはファッションのアクセントになる重要アイテム

ファッションのコーディネイトが今一つ決まらない、そんな悩みを持つ人は多いのではないでしょうか。そういう時に役に立つアイテムがレザーベルトです。すとんとしたシルエットのワンピースも、レザーベルトを巻けば印象がキュッと引き締まってメリハリが生まれます。ブラックレザーを使えばシックな装いに、ブラウンのレザーはカジュアルな服装にぴったりです。グレーなら主張しすぎないので洋服と合わせやすく、艶やかなレッドの華やかさを演出できます。レザーベルトは色によって使い分けることができますし、また、ベルトの太さによってもファッションの印象ががらりと変わります。レザーベルトはTPOに合わせて持っておきたいアイテムですね。

上質なレザーベルトの見分け方

レザーベルトを持つのなら上質なものを選びたいものです。でも上質なレザーベルトとはどういうものなのでしょうか。ここで重要になるのが、本革と合成皮革の違いです。本革の特徴は柔らかく手に馴染みやすいことです。一方合成皮革はその性質上、どうしても手触りに硬さを感じます。また表面もつるりとしていて手に馴染むという感触はありません。それから本革の表面をよく見ると細かな毛穴が並んでいますが、合成皮革にはそれがないことも両者を見分けるポイントになります。

合成皮革は水を弾くので汚れが付きにくいことが長所なのですが、長く使うならやはり上質な本革のレザーベルトです。本革は使ううちに風合いが美しく変化していきます。耐久性が高く、長い間使えることも特徴です。合成皮革には出せない風合いと手触り、それが本革のレザーベルトが持つ魅力です。